高田吉孝のブログ

■こんなとき「遺言」はより効果を発揮する


^篁困亮鑪爐篆瑤多いとき  
 相続人にとって誰が何を取得するのか、これが遺産分割協議
 最大の問題点です。
 あらかじめ指定しておく事で、相続人の負担を軽減すること
 ができます。

∨…蠢蠡格と異なる割合で、相続させたいとき  
 推定相続人各人の生活力、年齢等を考え、遺留分を考慮の上、
 自由に指定できます。

推定相続人が配偶者・兄弟姉妹、配偶者・親で、配偶者に多く
 の財産を残したいとき
 推定相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合において、配偶者に遺産
 の100%を残したい時に遺言は非常に有効です。
 また、配偶者と親の場合では、遺留分との兼ね合いから100%
 とはいかないまでも、より多くの財産を残すことが可能です。

で朸者と兄弟姉妹しか相続人がいないとき
 被相続人に子供、直系尊属がいないときは、兄弟姉妹が法定
 相続人になります。
  しかし、配偶者と義理の兄弟姉妹の間での話し合いは難しい
 ものです。
 遺言により、配偶者にすべて相続させられます。(兄弟姉妹には
 遺留分がありません。)

ゼ営業、農業を営んでいるとき  
 後継者の指定、資産の細分化防止に役立ちます。
 農家の場合の田畑や、個人事業主の店舗などの資産は分割する
 と、困ってしまいます。

推定相続人以外の人へ財産を与えたいとき
 次のような場合、必ず遺言は必要になります。
 内縁の配偶者や面倒をみてもらった息子の嫁などに、財産を与え
 たいときなどです。
 ・内縁の配偶者、事実上の養子、後順位の相続人、息子の嫁
 ・看病してくれた人や施設
 ・公共施設への寄付などへの遺贈。

Г修梁勝∩蠡海魃潦蠅某覆瓩觧愎砲箸垢襪箸
 ・先妻と後妻のそれぞれに子供がいるとき
 ・身寄りのない未婚者
 ・内縁の配偶者との間に子供がいる
 ・推定相続人の中に行方不明者がいる
 ・推定相続人同士の仲が悪い




相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。