高田吉孝のブログ

サービス付き高齢者向け住宅とは

 住宅の設計や構造に関する基準、入居者へのサービスに関する基準、契約内容に関する基準(契約は長期入院などを理由に事業者からの一方的な解約などを防ぐ内容になっていなければならないとされている。また、受領できる金銭は敷金・家賃・サービスの対価のみとなっており、権利金等の受け取りは不可となっている。など)の三つの基準のそれぞれ一定の要件を満たし、都道府県に登録された住宅です。

 「サービス付き高齢者向け住宅」は高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)で定められた制度であり、この高齢者住まい法は、2011年の通常国会で全面的に改正され、「サービス付き高齢者向け住宅」の登録制度が創設されました(2011年10月20日に施行)。

 高齢者住まい法の改正を受け、いままで似たような名前と制度がいくつかあり、わかりづらかった「高齢者円滑入居賃貸住宅(高円賃)」・「高齢者専用賃貸住宅(高専賃)」・「高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)」の3つの類型を一本化する形で、新たに「サービス付き高齢者向け住宅」制度が創設されました。

 <主な登録基準>
 ・入居は原則60歳以上
 ・居室の床面積は25平方メートル以上
  (浴室やキッチンなどを共用する場合は18平方メートル以上)
 ・バリアフリー構造、キッチンや水洗トイレなどの設置
 ・長期入院などを理由に一方的な変更や契約解除をされない
 ・入居者が払うのは敷金、家賃、サービス対価に限定

 <必須のサービス>
 ・安否確認
 ・生活相談

 のちほど、詳しく解説したいと思いますが、サービス付き高齢者向け住宅の制度上、登録の為の必須のサービスとなっているのは、「安否確認」と「生活相談」だけであり、介護付き老人ホームなどとは違い、個々の住宅毎にサービスの違いが大きいので、ひとつの制度の住宅としてくくれない部分があります。


必須サービス


 登録基準となっている必ず提供しなければならないサービスは「安否確認サービス」と「生活相談サービス」の2つ。
 しかしこの2つは、登録する為の最低基準の提供サービスであり、運営する事業所によりサービスの内容や質、常駐しているスタッフなどは大きく異なります。

 サービス付き高齢者向け住宅は、あくまでも賃貸住宅に見守りや相談といったサービスが付随されたものであり、介護や生活支援サービスの内容や質は、運営する事業者により大きく差があるので、地主さんが有効活用をする上で、そこが(運営事業者によるサービスの差)非常に重要になってきます。




相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。