高田吉孝のブログ

サブリース(家賃保証)契約の問題点を考える!

建築とセットで全てお任せのサブリース(家賃保証)において

10年間家賃固定、
30年一括借り上げで建てたアパートの
「大幅家賃減額」又は「契約解除」の要求が続出!
 

 先日紹介した「週間金融財政事情 2012年8月13日号の特集 異変アパート経営」で取り上げられた○○社の大幅なサブリース家賃減額要求や一方的なサブリース契約の解除の問題については、記事にもあるように昨年の9月以降に本格化しました。日本不動産仲裁機構の相談実績も昨年12月に一気に12件となりその後毎月数件の相談がよせられているようです。実際、私自身もお客様からの相談が急に増え始めたのも昨年の秋以降です。

 私も二十数人の○○社アパートのオーナーさんとお話をさせていただいていますが、「大幅な家賃の減額要求」「オーナーに不利な制度変更要求」「追加設備要求」と次から次へとオーナーへの負担を増加させるとともに、あまりにも不誠実な会社の対応に相当悩まされています。しかし、それでもほとんどのオーナーが○○会社の健全な存続を願い、サブリース契約の継続を希望されています。

 ○○社がオーナー向けにあてたお知らせ文書にも
「昨年においてはTSS制度の家具・家電部分見直し、およびブロードバンド費用ご負担のお願い等を行い、多数のご賛同をいただきました。誠にありがとうございます。しかしながら、当社を取り巻く環境は依然厳しく、より一層の業務効率化、費用削減が当社の再重要課題となっております」
 と記載されている通り、○○社の経営環境については依然厳しいものがあり、現在も既存オーナーに大幅な家賃減額や太陽光パネル設置・セキュリティー対応等の追加設備負担、そしてさらなる制度変更「建物メンテナンス制度の変更」をオーナーに要求し続けています。

 オーナーの大幅な負担がないと会社の経営が立ちゆかなくなる為、オーナーも一定の理解をし、協力しているようですが、次から次へと(あの手この手で)オーナーへの負担を強いる行為は許せないものがあります。

 ほとんどのオーナーは、○○社の組織的な行動に対して、単独(個人)で対応するしかなく、まともな交渉にならないと言うか、かなり○○社のペースで進んでいるように思えます。様々な要求への対応と今後の不安と苦しんでいるオーナーさんが気の毒でしかたありません。 私個人の対応力には限界がありますが、一人でも多くのオーナーさんの力になりたいと思います。




相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。