高田吉孝のブログ

税制改正論議と日本株離れに思うこと…

政府税制調査会の「平成20年度の税制改正に関する答申」発表に向け、経済財政諮問会議での議論が新聞などでも紹介されていますが、今年も大きな改正はないものの、仕事柄気になるのは、かねてより言われている相続税の課税範囲拡大と証券税制の取り扱いです。相続税の課税範囲の拡大は基礎控除額を減らす方向で、死亡者数に対して相続税の課税割合が4%しかない点を取り上げて、もっと多くの人から相続税を取ろうというものです。方向的にはその方向に行くのでしょうか。そうなれば次はサービスしすぎた広大地評価なども見直しされて行くように思います。

個人的には、証券税制議論はいつも納得がいきません。金融所得の一体課税を理由に現在の上場株式の譲渡益及び配当にかかる税率10%を原則の20%にアップ(譲渡益は2009年1月から配当は2009年4月から)させると言うものですが、確かに国際的な流れに乗り遅れないためにも金融一体課税論議は必要ですが、今の日本の証券市場、投資家の状況から考えて単純に20%にすることはマイナスがあってもプラスになるようなことはほとんどないように思います。

日経平均株価も9日終値が1万5583円42銭で終了し、今年2番目の安値となりましたが、サブプライムローン問題がまだまだ落ち着きを見せない中、世界的に見ても日本株離れがまだまだ進みそうな感じです。米国の機関投資家やヘッジファンドは今後日本株を減らしていくと言う話?です。とは言うものの米国株は景気減速懸念が、中国株はかなりの過熱が心配なので、やっぱり日本株の大きく下げた場面での逆張りで短期のサヤ取りと当面はインド株投資を少し増やそうかと思うこのごろです。






相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。