高田吉孝のブログ

がんばれ大家さん!第21回 空室対策5つのポイント<パート1>

 アパート経営で一番大事なことは、何といっても空室を防ぐことです。1ヶ月、2ヶ月そして3ヶ月以上空室になれば、大家さんは気が気ではありません。
 まして借入金をたくさん抱えている大家さんは、それこそ夜も眠れなくなります。急に空室になってしまって、準備すらできずに空室になってしまうこともあるでしょうが、それにしても3ヶ月以上空いてしまうことは何としても防がなければなりません。

■家賃値下げを検討する前に

 それなら、家賃を下げて何とかしようかと考えますが、ちょっと待ってください。家賃交渉に入る前に、次の5つのポイントについて考えてから、家賃を検討してください。
お客様は単に家賃が高い安いだけで、アパートを決めているわけではないのです。
〃物が魅力かどうか
間取りがお客様のニーズに合っているかどうか
設備が充実しているかどうか
な臀犬了妬はどうか
ゲ板造賄正か

空室の多いアパートは汚い・古い・高いです。以下この5つのポイントを考えてみましょう。

[1]建物が魅力的かどうか

 お客様の第一印象が悪ければ、検討の対象にはしません。大家さん、自分の建物をもう一度客観的に見てください。魅力的に感じますか?ある大家さんは自分の子供、または孫に見てもらって、感想を聞きました。「お父さん、わたしはこのアパートには絶対入らないよ」と言われてショックを受けてしまったそうです。そこで考え直し、外装や入り口はもちろん、内装にも手を入れました。子や孫も納得したそうです。その後すぐにお客様が決まったそうです。
 華美にする必要はありませんが、少なくとも清潔でなければ、お客様は見向きもしてくれません。入り口玄関は特に重要です。お客様はインターネットで他のアパートを十分検討したうえで、大家さんのアパートを見にきたのです。大家さんが自分の家にお客様を迎えるときと同じ気持ちで、建物を可能な限り魅力的にしてください。

[2]間取りがお客様のニーズに合っているかどうか

 部屋を広くすることは物理的にはできません。でも、間取りを変更することは可能です。人気の間取りは、時代や地域、お客様のニーズの変化によって変わることがあります。
 昔は2DKで畳の部屋があるのが主流でした。しかし、今は2DKより1LDK、畳よりフローリングの部屋の人気が高いのです。いや、そもそも畳ではとても生活ができない、という人もいるくらいです。こうした現場の声を大家さんがしっかり聞く姿勢を示さないと、いつまでも空室のままになってしまいます。
「お金がかかるのでどうだろうか?」と不安になる気持ちも分かりますが、空室のままではもっと危険な状態になってしまいます。お客様のニーズに合っていなければ大家さんのアパートは賃貸市場で永遠に無視され続けてしまいます。


「がんばれ大家さん!賃貸住宅経営の50のヒント」
(タクトコンサルティング 本郷 尚先生著)より転載

記事がお役に立ちましたらランキングに
ご協力お願いいたします。
人気blogランキング




相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。