高田吉孝のブログ

がんばれ大家さん!第19回 奥様にダイヤモンドを

今回は閑話休題、女性の大好きなダイヤモンドのお話です。

■奥様の長年の苦労に報いよう

結婚50年といえば「金婚式」です。78歳になる田中さんは長年連れ添った奥様に何かプレゼントしようと考えました。田中さんが考えても分からないので、奥様に「何か欲しいものがあったら自分で買いなさい」と言って、奥様にぽんと500万円の預金通帳を渡しました。奥様はびっくりしましたが、何だかとってもとっても嬉しくて天にも昇る気持ちになってしまいました。長年の苦労が報われたようでした。
 70歳になる奥様はとてもおしゃれな方です。さっそく娘さんとデパートに行き、前から欲しかったダイヤの指輪を買いました。奥様と娘さんにとって、500万円のダイヤの指輪は毎日毎晩眺めても飽きない、それはそれは大切な宝物となりました。
 もちろん、娘さんはいずれも自分のものになるし、使いたいときにはちょっとお借りしますというわけですから、喜びは二重になりました。
 まさにダイヤの指輪は田中家の「お宝」となりました。ご主人の田中さんの株は一気に上りました。本人は照れていましたが、内心は「生前にあげてよかった」と、つくづく思いました。

■宝石には贈与税も相続税も課されない?

 ところで、この500万円の指輪は贈与税が課税されるのでしょうか?金婚式の記念のプレゼントに贈与税を課税するなんて、そんなヤボなことはしません。
 「でも金額が500万円でしょ、大丈夫ですか?もし3年以内に夫が亡くなれば、やはり贈与がなかったものとして、相続財産に取り込まれてしまうのではないでしょうか?」
 心配ご無用です。なぜならダイヤを買ったときの金額は確かに500万円ですが、買った瞬間にお金が物になってしまい、市場価格は残念ながら暴落してしまいます。500万円は売値であって、中古で売ろうとすると、??になってしまうのです。
 あるベテラン税務職員のつぶやきを紹介します。
 「1,000万円以下の宝石は、装飾品です。財産として課税することはほとんどありません」
なんだか安心しますが、半面がっかりもします。
何はともあれ宝石には贈与税や相続税はほとんど課税されないので、ご主人は安心して奥様に高価な宝石をぜひプレゼントしてあげてください。きっときっと大喜びしてくれますよ。
 ただし、奥様以外の女性に宝石をプレゼントすると、後でバレたときに税金以上に高いものになることを、覚悟しておいてください。念のため。



「がんばれ大家さん!賃貸住宅経営の50のヒント」
(タクトコンサルティング 本郷 尚先生著)より転載

記事がお役に立ちましたらランキングに
ご協力お願いいたします。
人気blogランキング




相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。