高田吉孝のブログ

がんばれ大家さん!第11回 管理会社と仲良くしましょう

「アパートの管理は、管理料を払って管理会社の人に任せているから安心だよ。」それはそれでよかったですね。といってもこのご時世です。大家が店子に貸してあげる、という姿勢ではとてもやってはいけません。

 何しろアパート経営も、油断していると空室になったり、家賃を値下げしないと次の入居者が入ってくれません。特に長期間空室になったら大家さんは大変で、気の小さい人なら夜もろくに眠れなくなってしまいます。


■管理会社との連絡は日頃から密に


 そこで今回は、管理会社や入居者を斡旋(あっせん)してくれる不動産会社の人との付き合い方をお話しましょう。

 まず、日頃から管理会社の方と十分連絡をとっておきましょう。現在の入居者の意見やアパートの管理状況を、直接聞くことです。特に問題ナシというより、何か問題になっていないか聞き出してください。

 例えば、自転車の放置がひどく、アパートの前面が汚らしくなっている・・・となれば、駐輪場の設置を考える。最近ピッキング問題が入居者からの不安として取り上げられている・・・それなら、鍵や、ドアそして入り口を考える。

 お金のかかりそうな話ばかりですが、”問題ナシ”ということはまずないのです。お金をかけて何かをするのではなく、創意工夫して対応してください。

 管理会社の話だけでなく、自分の目で耳で確かめることも重要です。ある大家さんが夜に自分のアパートを見たら、入り口の蛍光灯の電気が切れそうで、なんともみずぼらしかったとのこと。分かりますよね。蛍光灯がついたり消えたりしているのでは、みっともないですよね。


■今は"入居者が選ぶ"時代です

 管理会社や、斡旋(あっせん)してくれる不動産会社の第一線の営業マンと、直接は話をしてみてください。今の賃貸市場の動向や人気のあるアパート・間取りにすいても、突っ込んで聞き出してみてください。場合によっては、現場に直接行って自分の目で確かめてください。きっとショックを受けることでしょう。

 さらにぜひ一度、不動産会社がどんなふうに入居者を斡旋しているか、入居者がどんな方法で選択しているかを見て聞いてみてください。いまや、インターネットで入居者はたくさんの情報を得て選択しています。条件・間取り・家賃を、一度に比較検討しています。

 まさに、”選ばれているのは大家さんの建物”のほうなのです。


■管理会社に感謝の気持ちを伝えよう

 ということで、大家さんが”浦島太郎”にならないように、管理会社や不動産会社の営業マンとしっかり情報交換しておいてください。昔は大家さん自身がお客様でしたが、今は大家さんが管理会社や不動産会社に対して、「いつもお世話になります」という姿勢になってきました。

 「本当ですか?」、本当です。本物の大家さんは、入居者を紹介してくれる会社に感謝しています。

 私の知り合いの大家さんは、毎年忘年会の時期になると、自分のアパートや駐車場を管理してくれている営業の人をお呼びして、ささやかですが忘年会をやり、「いつもありがとうございます」と、感謝の気持ちを伝えています。さすがプロの経営者です。

「がんばれ大家さん!賃貸住宅経営の50のヒント」
(タクトコンサルティング 本郷 尚先生著)より転載

記事がお役に立ちましたらランキングに
ご協力お願いいたします。
人気blogランキング





相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。