高田吉孝のブログ

がんばれ大家さん!第5回 保証される人されない人

 父の遺言で「保証人にはなるな」と言われた。

 よくあるセリフです。保証人になったがために財産を失ったという話はよくあることです。そんなこと言われなくても分かっていますよ、と言いながら世の中、浜の真珠は尽きるとも……保証人は消えてなくならない。契約の保全を相手に求めるからです。

■入居者は保証人を頼みたくない

 大家さんが、借り手に対して契約を完全なものにするために、保証人を要求しますでしょ。もし家賃の不払いをするような入居者がでたら、保証人に請求するからです。しっかりした保証人がいれば安心です。

 でも、入居者が保証人をつけることを嫌いはじめています。友人は無理です。親か親せきに頼むのですが、面倒で負担です。親せきがいない人は困ってしまいますね。最近では保証会社に保証料を支払って保証人になってもらうこともあります。敷金を多めにということもあります。

 とにかく、借り手にとっては、この保証人ほど厄介なものはないのです。「なんでお金を払う私(お客)がそこまでしなくてはいけないの?」。大家さんに、この声が聞こえていますかね・・・・・・。

■借り上げ方式とサブリース契約

 ところで大家さん、一括借り上げ方式やサブリース契約って知っていますよね。大家さんが借家人一人ひとりと契約しないで、不動産会社に一括して借り上げてもらう契約です。大家→サブリース会社→借家人という関係です。

 大家さんは会社から一定の家賃を受け取り、会社は利益を乗せて貸します。大家さんは直接貸すより安くなりますが、家賃が安定して、面倒がなくなります。しっかりした会社に依頼していれば、まさに「左ウチワ」になるはずなのですが・・・・・・。

 「10部屋のアパートを全部まとめて月額100万で貸す」。こんな契約を結んだとしたら、大家さんはこれで毎月100万円、保証されたと思うでしょうが、必ずしも完全とはいえない場合があるようです。

 正確にいえば一括借り上げ方式では、家賃は一定年度ごとに見直されます。上記の100万円は固定金額ではありません。相場の家賃が下落すれば100万円は下げられてしまいます。

 「サブリース10年固定で大丈夫でしょうか」
確かにサブリース契約10年間であれば家賃は固定します。しかし通常の借地借家法では、期間内であっても経済事情等の著しい変動があった場合には減額される場合があります。

 大家さんの家賃の保証は完全ではないのです。

 どうしても家賃を固定させるのであれば、定期借家契約で借賃の改定に係る特約(確定賃料支払い約束条項)を結び「家賃増減額請求権」を排除しておけば、家賃は確定します。

「がんばれ大家さん!賃貸住宅経営の50のヒント」
(タクトコンサルティング 本郷 尚先生著)より転載






相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。