高田吉孝のブログ

「相続税の課税財産について(1)」 〜相続税入門第11回〜 

「相続税の課税財産」について(1)
(船井財産コンサルタンツ高松 教えて!美佳先生より)

前2回にわたり、相続税の納税義務者についてご説明しました。
今回からは、相続税の課税財産についてご説明したいと思います。

一部の非課税財産を除き、被相続人から相続や遺贈によって取得した金銭的価値のあるすべての財産について相続税が課税されます。また、死亡保険金や死亡退職金を取得したような場合には、相続や遺贈によって財産を取得したとみなして相続税が課税されることがあります。(これをみなし相続財産といいます。民法上、相続や遺贈により取得したものではないのですが、相続税法上特別に定められたものです。)


1.相続や遺贈により取得した財産

相続税が課税されるのは、土地・家屋、立木、事業用の財産、有価証券、家庭用財産、貴金属、書画骨董、電話加入権、預貯金、現金、動産など金銭的な価値のあると思われるすべての財産です。

気をつけなければならないのは、以下のようなケースです。

(1)不動産のうち未登記のものであっても課税財産に含まれます。

(2)預貯金・有価証券等の名義が無記名、第三者又は家族等であっても、被相続人が購入し所有していたものについては、名義如何にかかわらず課税財産に含まれます。たとえば、被相続人の金庫に一緒に保管していて(→金庫に一緒に保管しているだけで被相続人の財産というわけではありませんが)使用している印鑑が同一であったり、利子や配当も被相続人が受け取っていたり、名義人が売却することが事実上不可能な場合などがこれにあてはまります。

(3)被相続人のご出身地等で比較的遠隔地にある不動産や預貯金他の財産を失念していることがありますので、注意が必要です。


つづく→次回は「「相続税の課税財産」について(2)」です。

船井財産コンサルタンツ高松 税理士 国方美佳


記事がお役に立ちましたらランキングに
ご協力お願いいたします。
人気blogランキング





相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。