高田吉孝のブログ

「相続税入門」 〜第7回〜 相続の承認・放棄

「相続の承認・放棄」について
(船井財産コンサルタンツ高松 教えて!美佳先生より)

前回まで、相続税の申告のスケジュールや必要となる資料についてご説明しました。

今回は、スケジュール表で3ヶ月以内にしなければならないこととされていた、相続の承認と放棄についてですが、これも「民法」の知識が必要になってきます。

相続が発生した場合には、相続人は相続開始のときから被相続人の財産上の一切の権利・義務を承継します。この場合、権利(積極財産)と義務(債務)のうち、権利だけを承継することはできません。相続の承認と放棄について大別すると下記のようになります。

1.相続の承認

(1) 単純承認・・・(効果)無制限に権利・義務を承継

次の場合には単純承認したものとみなされます

1)相続財産の全部又は一部を処分した場合
2)相続人が3ヶ月以内に限定承認・放棄をしなかった場合
3)相続人が限定承認・放棄をした場合でも相続財産の全部又は一部を隠したり、使ったり悪意で財産目録に記載しなかった場合(この放棄により相続人となった者が承認をした後はこの限りではありません)

→3ヶ月以内になにもしなければ、単純承認したことになってしまいます。

あきらかに借金の方が多いような場合には、何らかの手続きをしておいた方がよいです。

(2) 限定承認・・・(効果)承継した権利の範囲内で義務を承継

限定承認をしようとするのであれば、3ヶ月以内に遺産の内容を記載した財産目録を作成した上でこれを家庭裁判所に提出し、限定承認をすることを申し出なければなりません。なお、相続人が数人いれば全員の共同でなければ限定承認することはできません。

→限定承認の場合には、その財産の増加益の精算を行って被相続人の債務として認識する必要があることから、所得税の対象となりますのでご注意ください。(みなし譲渡課税)

2.相続の放棄・・・(効果)初めから相続人でなかったものとみなす。

相続の放棄は、3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄申述書を提出し、申し出なければなりません。また、相続の放棄は、初めから相続人でなかったこととされますので、放棄した者を代襲相続することはありません。

→よく巷で「放棄」したということがありますが、家庭裁判所に申し出ていないものは事実上の放棄であり、1(1)単純承認に含まれます。

原則としては、3ヶ月以内に前回ご説明した資料等を基にして財産・債務について洗い出し、上記の手続きをする、しないを決めておかなければなりません。

財産と債務の調査にもう少し時間がかかる方については、家庭裁判所への申請によりこの期間を延長することができます。延長は3ヶ月に限られるのが原則ですが、再度の延長申請も可能なようですので、必要があれば、期間をもっと延長することもできます。


つづく→次回は「準確定申告について」です。
船井財産コンサルタンツ高松  税理士 国方美佳


記事がお役に立ちましたらランキングに
ご協力お願いいたします。
人気blogランキング




相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。