高田吉孝のブログ

「相続税入門」 〜第3回第4回〜 遺言と相続分他

「遺言と相続分」について
(船井財産コンサルタンツ高松 教えて!美佳先生より)

この遺言と相続分についても、前回同様「民法」の知識が必要になってきます。

相続が発生した場合には、相続財産は相続人全員に相続されます。そこで各相続人の権利の割合(取り分)=「相続分」という問題が出てきます。「相続分」については「法定相続分」と「指定相続分」に分けることができます。

.「法定相続分」・・・遺言による指定がない場合には、以下のような割合になります。

(1) 子と配偶者が相続人・・・子1/2&配偶者1/2(注1)

(2) 直系尊属と配偶者が相続人・・・直系尊属1/3&配偶者2/3

(3) 第三順位・・・兄弟姉妹1/4&配偶者3/4(注2)

子・直系尊属・兄弟姉妹が複数の場合にはそれぞれ等しい割合でさらに分けます。
ただし、以下の注意点があります。

注1)子のうち非嫡出子は嫡出子の相続分の1/2です。
注2)被相続人の兄弟姉妹のうち、片方の親しか同じでない「半血兄弟姉妹」の相続分は両親とも同じ兄弟姉妹の相続分の1/2です。


例1)「夫婦と実子2人」のケース 
    配偶者・・・1/2 子A・・・1/2×1/2 子B・・・1/2×1/2 

例2)「夫婦と父母」のケース 
    配偶者・・・2/3 父・・・1/3×1/2 母・・・1/3×1/2
  
例3)「夫婦と兄妹2人」のケース 
    配偶者3/4 兄1/4×1/2 妹1/4×1/2

.「指定相続分と遺言」・・・遺言によって被相続人が指定したことによる相続分を「指定相続分」といいます。上記の機嵋…蠢蠡格」が一般的に有名ですが、実は遺言によって違う指定をすることも可能なのです。
遺言の内容はいろいろな利害の対立も生みやすいので厳重な方式が定められています。

「自筆証書遺言」「公正証書遺言」「秘密証書遺言」の3方式が一般的です。ただし、遺言できる人は15歳以上であるだけではなく能力の問題もありますので注意してくださいね。

 「遺言」で財産を与えることを「遺贈」といいます。「遺贈」には「包括遺贈=財産の何分の一という割合で決めたもの」と「特定遺贈=○○の財産という特定の財産を指示したもの」があります。もちろん、相続人以外の人にも「遺贈」することは可能です。相続人の「遺留分」(注3)に関する規定に違反しないように気をつける必要があります。(後々訴訟に及ぶことも?)

注3)遺留分は以下のとおり
(1) 配偶者のみ・配偶者と子・子のみ・直系尊属と配偶者が相続人・・・1/2
(2) 直系尊属のみ・・・1/3ということは、遺言によって自由に処分できるのは、(1)の場合は1/2まで、
(2)の場合は2/3となりますね。


第4回、相続税申告スケジュールは
相続マニュアル−相続開始後のタイムスケジュールを参照下さい。

次回は「相続申告時等に必要な資料」についてです。


船井財産コンサルタンツ高松(みどり合同経営) 税理士 国方美佳


記事がお役に立ちましたらランキングに
ご協力お願いいたします。
人気blogランキング







相続の基礎知識
 -相続とは
 -相続の手続きと流れ
 -相続財産とは
 -法定相続とは
 -法定相続分の計算方法
 -遺産の取得と放棄

相続税の基礎知識
 -相続税とは
 -みなし相続税とは
 -相続税の計算方法
 -相続税の申告
 -延納と物納

財産評価の基礎知識
 -財産の種類と評価
 -宅地の評価
 -住宅の評価
 -特殊な不動産の評価
 -農地の評価

遺産分割の基礎知識
 -遺産分割
 -遺言による遺産分割
 -協議による遺産分割
 -調停及び審判
 -特別受益と寄与分

遺言の基礎知識
 -遺言の必要性
 -遺言について
 -遺言書の種類と内容
 -その他の遺言知識

相続対策三原則
 -相続税対策
 -納税資金対策
 -争族対策

 -事後対策について

相続対策の手法
 -法人の設立
 -自社株式の対策
 -生命保険の相続対策
 -養子縁組の対策

生前贈与による対策
 -基礎控除の利用
 -配偶者控除の利用
 -住宅取得資金の贈与
 -生命保険料を贈与する
 -相続時精算課税の対策

不動産の相続対策
 -土地の有効活用
 -アパートマンション経営
 -その他の有効活用
 -事業用資産の買換特例
 -低収益物件の再生
 -貸宅地の整理
掲載されている情報は、執筆時の法令と一般的な事例に基づいており、法改正等に対応できていない場合や、具体的な事案にはあてはまらない場合があります。当サイトの情報を下に行った行為については、当サイトの管理者(高田吉孝)及び(株)青山財産ネットワークスは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。
Copyright2004 y.takada. 参考文献一覧
記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。